グアルディオラ、今夏PSGに移籍したメッシに言及「バルサ退団は衝撃だった」

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディラ監督は、リオネル・メッシのバルセロナ退団に驚いたようだ。

【CLプレビュー】PSGが天敵マンCをホームに迎え撃つ リバプールは相性抜群のポルトと激突

 メッシは今夏バルサの財政難により新契約が締結できず、21年間過ごしたクラブを電撃退団。数日後にはPSGと1年延長オプション付きの2年契約を結んだ。UEFAチャンピオンズリーグでPSGと対戦するグアルディオラ監督は、試合前会見で4年間バルサで共に栄光を築いたメッシに言及。今夏の退団には驚いたと明かし、CLでの対戦を望んだ。

「メッシがカンプ・ノウを去ったのは驚きだった。今では誰もが受け入れているが、ずっと前には誰もが想像してなかったことだ。だがそれが起きてしまった。人生は何が起きるか分からないものだ。重要なのは、彼がパリで幸せになる事だね。彼の様な選手は、ピッチ上で自分自身を語ることができる。彼が活躍した15、16年間を見れた私たちは幸運だね。彼がキャリアの中で成し遂げた事は並大抵のことではないし、私たちとの試合でプレーしてくれるのを願っている」。

Photo ANP Sport

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる