ビッグクラブ注目のリシャルリソンが去就に言及「どうなるか分からないけど…」

 エバートンのリシャルリソンは、現在の生活に満足も将来がどうなるか分からないと語った。

リシャルリソンがレアル移籍⁉ 恩師アンチェロッティが獲得を熱望

 24歳リシャルリソンはエバートンやブラジル代表で輝きを放ち、今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンなどビッグクラブ移籍の噂が浮上。2020年1月にはバルセロナから移籍金1億ユーロ(約122億円)のオファーを受けていた。そんな中リシャルリソンは『Ole』のインタビューの応じ、自身の去就に言及している。

「この話をするときはいつも慎重にしているよ。僕はエバートンに到着した時からクラブに大きな愛情を持っている。将来がどうなるかは分からない。いつかさる時が来たら、それは僕にとってではなくクラブにとって良いことに違いない。でももし残留となったら、このシャツのために、そしていつも僕を支えてくれたファンのために人生を捧げるよ」。

Photo Visionhaus

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる