ラキティッチ2戦連続PK弾でセビージャがドロー ザルツブルクは2発快勝でGS首位浮上

 29日にUEFAチャンピオンズリーググループG第2節が開催され、ヴォルフスブルクとセビージャが対戦。レッドブル・ザルツブルクがリールと相対した。

【CLプレビュー】ユベントスが9年ぶりにチェルシーと激突!負傷者続出のピンチを乗り切り勝利なるか

ヴォルフスブルク vs セビージャ
 前節は全チームドローとどこが抜け出してもおかしくないグループG。同カードはスコアレスで迎えた後半開始早々48分に、レナト・シュテフェンの一撃でヴォルフスブルクが先制点を奪う。このまま試合終了かに見えた87分、セビージャがPKを獲得しイバン・ラキティッチが得点。退場者を出すなどカードが飛び交った一戦は、1-1で痛み分けのドローに終わった。

レッドブル・ザルツブルク vs リール
 開幕戦ではPKを3回獲得したザルツブルクは、今試合でも35分にPKを得る。セビージャ戦では失敗したカリム・アデイェミがゴール左に沈め、ザルツブルクが先にスコアを動かす。すると後半開始早々に、FKから相手DFのハンドを誘発し再びPKを獲得。キッカーを託されたアデイェミが今度はゴール正面に蹴り込み、ザルツブルクが2発快勝でGS首位に浮上した。

Photo Martin Rose

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる