長谷部スタメンのフランクフルト、劇的PK弾で三好康児のアントワープに完封勝利!

 UEFAヨーロッパリーググループステージ第2節が30日に行われ、三好康児のロイヤル・アントワープと長谷部誠&鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトによる日本人対決が実現。伊東純也のヘンクはディナモ・ザクレブと、堂安律のPSVはシュトゥルム・グラーツと対戦した。

鎌田スタメンのフランクフルトが辛くもドロー レスターはナポリに2点差追い付かれ引き分け

ロイヤル・アントワープ vs アイントラハト・フランクフルト
 日本人選手では長谷部がスタメンに名を連ねた同カードは、互いにシュートを放つものの、相手ゴールを脅かすまでには至らない。三好や鎌田が途中出場し日本人選手の直接対決が実現する中、後半アディショナルタイムにゴンサロ・パシエンシアが値千金のPK弾をゲット。1-0の劇的展開で、フランクフルトが今シーズン公式戦初勝利を果たした。

ヘンク vs ディナモ・ザクレブ
 伊東が先発出場したヘンクは、開始10分に先制点を決められ出鼻を挫かれしまう。前半アディショナルタイムにPKで追加点を奪われると、67分にはダニエル・ムニョスが一発退場となるファウルを犯しPKを献上。ヘンクが3発完敗となり、EL連勝を逃した。

シュトゥルム・グラーツ vs PSV
 今シーズンELで堂安が初スタメンを飾ったPSVは、31分にイブライム・サンガレが先制弾を奪う。後半に入りPSVは攻撃のギアを上げ、51分にエラン・ザハビが追加点をゲット。直後に1点を返されるも勢いは衰えず、最終スコア4-1でグループ首位に浮上した。

Photo BSR Agency

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる