クラブ買収を阻止された?ニューカッスルがプレミアリーグに損害賠償を請求

 ニューカッスル・ユナイテッドはクラブ買収を阻止されたとして、プレミアリーグに損害賠償を請求しているようだ。

【プレミアリーグ】ニューカッスルの“金満クラブ化”は幻に…サウジ投資ファンドが買収から撤退

 昨年夏にニューカッスルは、サウジアラビアの公共投資ファンドPCPキャピタルパートナーズとルーベン・ブラザーズに3億ポンド(約420億円)での売却計画を進めていた。しかしコロナウイルスにより長期プロセスの実現が不確実となり、最終的に計画は破綻となった。そんな中ニューカッスルのオーナーを務めるマイク・アシュリー氏は、『BeINスポーツ』と他のプレミアのクラブが3億ポンドの買収に反対するようプレミアリーグに働きかけた主張。競争控訴裁判所(CAT)を通じて損害賠償を請求した。

 アシェリー氏の代理人としてCATに出廷したダニエル・ジョウェルQCは、プレミアリーグの職権乱用で1000万ポンド超えの損失を抱えたと主張。決定の誤りを認めるよう訴え、「もし彼らが正気に戻って決定を覆したならば、私たちは同様の条件で再び売却に向け準備する」と伝えた。一方プレミアリーグはニューカッスルの訴訟の棄却を求め、2022年1月の第1週に再び審理が行われる予定だ。

Photo Tony Marshall

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる