マルシアル今季初ゴールも… マンUが勝ち点で並ぶエバートンとドロー

 プレミアリーグ第7節が2日に開催され、マンチェスター・ユナイテッドがエバートンと対戦した。

【PLプレビュー】CL劇的勝利で勢い付くマンU 下降気味のチェルシーは連敗脱出となるか

 ミッドウィークのUEFAチャンピオンズリーグで劇的勝利を収めたマンU。今試合ではターンオーバーを敢行し、クリスティアーノ・ロナウドがベンチスタートとなった。互いにチャンスを創出する中、マンUに決定機が到来。43分にブルーノ・フェルナンデスがDFを引き付け、ラストパスを供給。アントニー・アルシアルが今シーズン初ゴールを挙げ、マンUが先制点を奪取する。

 リードして試合を折り返したマンUは、57分にC・ロナウドとジェイドン・サンチョを同時投入して追加点を狙う。ところが65分にCKからカウンターに遭い、最後は今シーズン好調のアンドロス・タウンゼントに同点弾を喫する。その後は、C・ロナウドやサンチョを中心に攻め立てるも、ゴールは奪えずタイムアップ。1-1のドローに終わり、順位で並ぶエバートンと勝ち点1を分け合った。

Photo Michael Regan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる