ロカテッリ劇的弾でユーベがダービー制す!インテルは交代策が奏功し逆転勝利

 2日にセリエA第7節が開催し、ユベントスとトリノのダービーが実現。インテルがサッスオーロとの一戦に臨んだ。

キエーザが後半開始早々に決勝弾!ユベントスがウノゼロでCL王者チェルシーを撃破!

トリノ vs ユベントス
 110年以上の歴史がある“トリノ・ダービー”。開幕の不振から立て直しに成功したユーベは、前線に若手選手を揃えアグレッシブな姿勢を見せる。一進一退の攻防が続きスコアレスで終了かに見えた86分、マヌエル・ロカテッリがペナルティアーク内から右足を振り抜く。狙い澄ましたシュートは右ポストに当たってゴールに吸い込まれ、ユーベが劇的展開でダービーを制した。

サッスオーロ vs インテル
 前半に先制点を喫したインテルは、57分に一気に4枚替えを敢行。すると1分後に、途中出場エディン・ゼコがいきなり同点弾を叩き出す。勢いに乗るインテルは、ゼコがペナルティエリア内でGKに倒されてPKを獲得。78分にキッカーを担当したラウタロ・マルティネスがゴール右隅に沈め、インテルが2-1で逆転勝利を果たした。

Photo Chris Ricco

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる