若手発掘に力を注ぐレアル スロベニアの18歳至宝を有力ターゲットに

 レアル・マドリードは若手発掘に着目し、レッドブル・ザルツブルクのベンヤミン・シュシュコに熱視線を送っている。

似てるけど何処か違う… レアルで見る、アンチェロッティとジダンの5つの違い

 ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ、久保建英など世界中の若手選手獲得に力を注いでいるレアル。ドイツ紙『Bild』によると、シュシュコを有力ターゲットに挙げているようだ。2003年5月31日にスロベニアのラデチェで生まれた18歳シュシュコは、昨シーズンはオーストリア2部リーフェリングで21ゴール7アシストの活躍を披露。今シーズンにザルツブルクに復帰すると瞬く間にレギュラーに定着した。6月にスロベニアのA代表で史上最年少デビューを果たしたシュシュコには、すでに複数のビッグクラブが注視。リバプールやバイエルン・ミュンヘンが興味を示し、レアルとの争奪戦が予想される。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる