ドンナルンマ、激しいレギュラー争い演じるナバスとの確執を否定「問題ない」

 パリ・サンジェルマンのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマは、ポジション争いを演じるケイラー・ナバスとの確執を否定した。

ドンナルンマのPSG移籍に待った!憤慨したナバスが退団を示唆

 ドンナルンマは今夏にACミランを退団し、フリーでPSGに年棒16億円の5年契約で加入。PSGは世界最高のGK2人体制となり、マウリシオ・ポチェティーノ監督はドンナルンマとナバスを交互に起用している。ドンナルンマは起用法に不満を持っていると囁かれる中、代表戦での会見でナバスとの関係に問題はないと言及した。

「問題はない。僕はプレーするためにパリにいるのであって、最初にいくつか問題を抱えるのは普通の事だ。(イタリア代表とPSGのスタイルは違う?)全く異なる2チームだね。イタリアには明確なアイデンティティがあって、今の状況に満足している。監督のためにプレーする準備は出来ているし、意気投合していてキャンプが楽しみだね」。

Photo John Berry

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる