エバートン戦ドローで苛立ち募るC・ロナウド…ネビル氏は盟友スールシャール監督にアドバイス「正しく管理しないと」

 元マンチェスター・ユナイテッドのギャリー・ネビル氏は、盟友オーレ・グンナー・スールシャール監督にクリスティアーノ・ロナウドの対処法を伝授した。

マルシアル今季初ゴールも… マンUが勝ち点で並ぶエバートンとドロー

 プレミアリーグ第7節でエバートンと対戦したマンUは、アントニー・マルシアルの今季初ゴールで先制。しかし65分にエバートンに追い付かれ、1-1のドローに終わりリーグ2戦連続勝利なしとなった。途中出場したC・ロナウドは、試合終了後に苛立ちを募らす表情を見せ、独り言を呟きながらピッチを後に。イギリス『skysports』に出演したネビル氏は、監督が上手く管理しなければならないと金言を授けた。

「C・ロナウドは得点しないと気が狂うか?そうだね。彼はチームが勝てないと地獄のように苛立つか?もちろんそうだよ。彼がわざわざ証明する必要もない。彼は独り言を呟きながらピッチを去っていく。何を言っているのか?誰にイライラしているのか?それは監督に帰結するかも知れない。彼は賢いから、あの行動が今以上に監督にプレッシャーを与えると知っている。これは仕方のない事だけど、2、3ヶ月以内には解決しなければならない」。

「クリスティアーノが常に得点できるわけではないし、全ての試合に出場できるわけではない。ただ彼があのようにピッチを去れば、オーレに大きなプレッシャーを与えることになる。クリスティアーノを正しい方法で管理しなければならない。きっと、“どうせやるならドレッシングルームでやろう”と言っているだろうね」。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる