ブラジルのプロリーグで大事件…審判が選手に顔面を蹴られ意識不明の重体に

 ブラジルのプロサッカーリーグで、選手がレフェリーを蹴り飛ばし試合が急遽中止になる異常事態が起きた。

オーストリア9部で異例の暴行事件 相手の鼻を折り48試合の出場停止処分に…

 問題となったのは地域リーグのカンピオナートガウチョ2のECグアラニとSCサンパウロの一戦。試合開始から1時間ほど経った頃にサンパウロのウィリアム・リベイロが主審を突然蹴り飛ばし、倒れた所にさらに顔面を激しく蹴る暴挙に。周りの選手がすぐにリベイロを制止するも、頭を激しく叩きつけた審判は気絶。すぐに病院に運び込まれ、リベイロはその場で現行犯逮捕された。幸いにもレフェリーはその日の内に意識を取り戻し、試合は5日に残り30分から再開が決定。サンパウロは公式声明で、「主審の無事を改めて願う。攻撃を正当化するものは何もない」と謝罪し、リベイロとの契約を即時に破棄したと伝えた。

Photo Silvio Avila

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる