PSG退団希望を明言したエムバペ… レアル会長は獲得を示唆「1月1日にニュースがあるだろう」

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、パリ・サンジェルマンのキリアン・エムバペが1月1日に契約に達するかも知れないと示唆した。

エムバペ、PSGに退団希望を伝えていたと明かす「7月にはクラブに言っていた」

 PSGと今シーズンいっぱいで契約満了となるエムバペは、7月に退団希望を伝えていたと告白。契約延長の意思はなく、1月の移籍市場で他クラブと自由交渉を行う可能性が濃厚だ。そんな中ペレス会長はスペイン紙『エル・ディベート』で、「1月にエムバペに関するニュースがあるだろう。1月1日に全てが解決されることを願う」と注目発言。ただその後スペイン紙『マルカ』で、「私の言葉が誤って解釈された。私が言ったのは、彼からの連絡を来年まで待たなければならないという事で、常に良好な関係を築いているPSGには敬意を払っている」と弁明した。

Photo John Berry

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる