「マンネリ化はしていない」デヨングがバルセロナの現状に言及

 バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デヨングは、チームの現状が大袈裟に語られていると主張した。

ヤヤ・トゥーレ、低迷する古巣バルセロナに逆オファー「いつでも役に立てる」

 直近のアトレティコ・マドリードとのビッグマッチで完敗を喫するなど、ラ・リーガ開幕7試合でわずか3勝と不振。ロナルド・クーマン監督解任のプレッシャーも強まり、困難な状況に瀕している。そんな中ワールドカップ予選のためオランダ代表に参加しているデヨングは、「だいぶ誇張されているね」と自身の見解を述べた。

「マンネリ化はしてないよ。確かに結果は悪い、それは無視できない。クラブの周りにはネガティブな雰囲気が漂っているけど、バルサのようなクラブが悪い結果を出してしまえば納得できる。ガッカリだけど、落ち込んではいないよ。代表期間の後にバルサの試合に戻れば、普通の状態に戻ると思う。シーズンが終わったと言う人は大袈裟だ。レアルやアトレティコはそれほど多くポイントを持ってないし、まだ多くの試合が残っている。だから何も失われていない。CLもスタートは悪かったけど、まだチャンスはある」。

Photo Gonzalo Arroyo Moreno

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる