バルセロナのCVC契約反対はレアルの陰謀⁉︎ ラ・リーガ会長「最初は賛成していたが…」

 ラ・リーガのハビエル・テバス会長は、バルセロナがCVCキャピタル・パートナーズ(CVC)の資金調達に反対したバルセロナには、背景にレアル・マドリードの陰謀があったと自身の見解を述べた。

 今シーズン開幕前に、ラ・リーガはCVCとの戦略的合意を発表。各クラブに資金が分配され、バルサも2億7000万ユーロ(約350億円)を受け取る手筈だったが、複雑な構造が誤解を招く恐れがあるとして融資を拒否した。テバス会長はスペイン『コペ』の番組『エル・パルティダソ』で、バルサは当初CVCからの資金調達に合意していたと語り、反対した背景にはペレス会長が関わっていると語っている。

通常の手段じゃ不可能⁉︎ ラ・リーガ会長がメッシ移籍に言及「経済的ドーピングしかない」

メッシとCVCの契約
「ラポルタの家で食事をした時、彼はCVCの契約に賛成していた。それがメッシの契約更新のきっかけになったかは分からないが、後になってCVCの件を早められないかと電話があったんだ。“メッシがナーバスになっているから”と。私は彼に、これが公表されたらフロレンティーノは阻止しようとするだろうと言った。だが、“いや、私には個性がある”と主張していたよ。

フロレンティーノ・ペレス、スーパーリーグ
「フロレンティーノと仲直り?そんな事は知らないよ。私たちは、異なる2つのプロサッカーに対するビジョンを持っているから、目を合わせるのは不可能だ。スーパーリーグは議論の対象ではないし、ビッグクラブが国内や海外のサッカーを支配しければならないと言うこともない。私はスーパーリーグ成功のチャンスを与えてない。イングランドは間違いだったと気づき、ドイツもそうした。スーパーリーグは死んだも当然だ」。

Photo Pablo Cuadra

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる