ブライトンの選手を性的暴行の容疑で逮捕 地元紙はイブ・ビスマと報道

 ブライトンのマリ代表イブ・ビスマは、性的暴行の疑いで警察に身柄を拘束された。

プレミアに旋風巻き起こすブライトン!好調支えるポゼッションと効率性

 イギリス紙『The Sun』によると、6日早朝にビスマはナイトクラブで女性に性的暴行を加えたとして、40代男性の友人と共に逮捕された模様。ナイトクラブに居た目撃者は、「クラブは満員で、ビスマはブライトンのベストプレーヤーだから間違いなく注目されていた。彼が手錠をかけられ連行されるのを見て、彼らはショックを受けていた」と語っている。2018年にリールからブライトンに移籍したビスマは、目覚ましい成長を遂げビッグクラブが注目する選手に。ブライトンは声明で、「私たちは選手の1人が犯罪の疑いで警察に協力していると承知している。法的手続きにより、これ以上のコメントはできない」と言及している。

Photo Mike Hewitt

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる