マンUで苦悩するサンチョ… クラブや代表の指揮官は信頼揺るがず「トップレベルに到達できる」

 マンチェスター・ユナイテッドのジェイドン・サンチョはトップフォームを取り戻せておらず、苦悩する日々を送っている。

サンチョがEURO敗退後初の声明 人種差別被害の心境語る「憎しみは決して勝たない」

 今夏ボルシア・ドルトムントから移籍金7300万ポンド(約112億円)でマンUに到着したサンチョは、新天地でレギュラー定着に苦戦。プレミアリーグでは先発出場2試合に留まり、未だ移籍後初ゴールは決めていない。『トランスファーマーケット』によると、マンU加入後に市場価値が1億ユーロから9000万ユーロに下落する中、オーレ・グンナー・スールシャール監督やガレス・サウスゲート監督は高い信頼を寄せているようだ。

オーレ・グンナー・スールシャール監督(マンチェスター・ユナイテッド)
「ビジャレアル戦の彼のプレーは別格だった。彼も観客とのつながりを感じたようだね。それこそが私たちが彼に求めているものだ。まだゴールを決めてないけど、あの夜に“ああ、これがジェイドンだ。これから何度も見られるだろう”灯った。トッププレイヤーになるだろうし、C・ロナウドやカバーニが学びのサポートをしてくれるだろう」。

ガレス・サウスゲート監督(イングランド代表)
「ジェイドンは今夏マンUに移籍したが、新たな場所に適応できる能力がある。ここ数週間のプレーを見れば、彼の招集するに値するのかと思う者もいるかも知れない。私たちは長い間彼に投資してきた。彼が高いレベルに達すると信じている。彼と話す時間が欲しいし、マンUでのプロセスにも協力したい。今のジェイドンには、私たちが彼を維持することが重要だと考えている」。

Photo Alex Livesey – Danehouse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる