ついに実現したニューカッスルのクラブ買収 シアラーやオーウェンがSNSで歓喜「再び希望を持とう!」

 元イングランド代表FWアラン・シアラーは、ニューカッスル・ユナイテッドのクラブ買収に歓喜した。

ニューカッスル、サウジ投資ファンドによる買収が正式決定 14年に渡るアシュリー政権に幕

 ニューカッスルは7日、サウジアラビアの公共投資ファンド『Public Investment Fund(公共投資基金)』を中心としたPCPキャピタルパートナーズやルーベン・ブラザーズによる3億ポンド(約420億円)の買収が正式決定。14年間に及ぶマイク・アシュリー政権が終了し、ヨーロッパ有数の金満クラブ化を予期させる大型契約となった。クラブの大改革にレジェンドたちは祝福の声を上げ、シアラー氏は「Yesssssssss。私たちは再び希望が持てる」とコメント。マイケル・オーウェン氏もTwitterで、「ニューカッスルに関わる全ての人にとっていいニュースだ。新しいオーナーシップは、まさにクラブが必要としていたものだ」と投稿している。

 またニューカッスルでプレーするアイザック・ヘイデンは、「クラブとニューカッスルの街にとって刺激的な時代だ。ファンのみんな、楽しもう」とツイート。地元テレビ局のTV番組『サタデー・ナイト・テイクアウェイ』の司会アントとデックは、「ああ、なんて美しい日なんだ」とTwitterで喜びを爆発させた。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる