2021年度バロンドールのノミネート候補30名発表!チェルシーとマンCから最多5選手選出

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は8日、2021年度バロンドール受賞ノミネート候補30名を発表した。

 歴代ベスト11の“バロンドール・ドリーム”が決定!メッシ、マラドーナ、ペレなど錚々たる選手がずらり

 バロンドールを6回受賞しているリオネル・メッシは昨シーズンのラ・リーガ得点王に輝き、アルゼンチン代表で今夏コパ・アメリカ優勝。代表ではトロフィーを獲得できなかったメッシだったが、その論争に終止符を打ち有力候補の1人に挙がっている。またUEFAチャンピオンズリーグを制したチェルシーと準優勝マンチェスター・シティからは、共に最多5名がノミネート。エヌゴロ・カンテはCL準決勝レアル・マドリード戦両レグでMVPに選ばれ、ジョルジーニョはイタリア代表でEURO2020王者にも輝いている。投票はジャーナリスト180名によって行われ、授賞式は11月29日にパリで行われる予定だ。

ノミネート候補30名は以下の通り

リャド・マハレズ(マンチェスター・シティ)
エンゴロ・カンテ(チェルシー)
アーリング・ハーランド(ボルシア・ドルトムント)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
メイソン・マウント(チェルシー)
ハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン)
カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
ニコロ・バレッラ(インテル)
リオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)
ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)
ペドリ(バルセロナ)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ)
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)
ラウタロ・マルティネス(インテル)
シモン・ケアー(ACミラン)
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
ジョルジーニョ(チェルシー)
モハメド・サラー(リバプール)
セサル・アスピリクエタ(チェルシー)
ロメル・ルカク(チェルシー)
クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)
ジェラール・モレーノ(ビジャレアル)
フィル・フォデン(マンチェスター・シティ)
ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード)
キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる