ワトフォード新監督就任のラニエリ、プレミア復帰の決意伝える「ファンに良いショーを見せたい」

 ワトフォードのクラウディオ・ラニエリ新監督は、チーム再起に向けてハードワークとスピーディーなサッカーを目指すと語った。

今季プレミア解任第1号はワトフォードのシスコに…新監督にラニエリ氏が就任

 今シーズンのプレミアリーグ開幕7戦2勝1分4敗の15位と低迷し、ワトフォードは就任からわずか10ヶ月でシスコ・ムニョス監督を解任。今週初めに69歳ラニエリ監督と2年契約を締結した。代表期間明けにはホームにリバプールを迎える中、2016年にレスター・シティをプレミア初優勝に導いたラニエリ監督は、クラブウェブサイトで意気込みを語っている。

「ワトフォードは私にとってとてもいいクラブだ。イングランドに戻りたかったから、嬉しいしベストを尽くしたい。イングランドではチェルシーやレスターの頃の私を知っているだろうけど、私はゴールを決めるチームを望んでいる。少し時間が掛かるかも知れないが、ファンには良いショーを見せたいね。私には私の哲学とメンタリティがあり、小さなことから変えるために努力しなければならない」。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる