メッシ、悲劇的だったバルセロナ退団を振り返る「とても辛い選択だった」

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシはバルセロナ退団を回顧し、パリ・サンジェルマンでの日々に満足していると語った。

ラポルタ会長がメッシ退団時を回顧 「無償でもプレーを期待したが…」 » SPOZONE

 34歳メッシはバルサでキャリアをスタートさせ、通算672ゴールを挙げクラブ史上最多得点を記録。しかし今夏バルサが深刻な財政難に陥り、21年間在籍したクラブを退団してPSGと2年契約を締結した。メッシはフランス誌『フランス・フットボール』のインタビューで、バルサ退団を決断した当時を振り返っている。

「休暇を終えて、シーズンに向け準備するためにバルサに戻ってきた。契約書にサインしてすぐにトレーニングを始めるつもりだったんだ。だけどバルサに帰った時、契約延長の余裕がないからそれももう不可能で、ここに居られないから他のクラブを探せと言われたんだ。それが僕の計画を変えたし、家族の日常を変えなければならないと思うと、とても辛いことだったよ」。

「新しい国でゼロから始めなければならず、それが僕の決断の大半を占めていた。PSGはドレッシングルームに友人がいたから、適応するのが簡単だと思った。僕のようにスペイン語を話す選手がたくさんいて、ネイやレア(ネイマールやパレデス)、フィデオ(ディ・マリア)が到着した時助けてくれたよ。エムバペともすぐに仲良くなったね。彼は完璧なスペイン語を話すから、良い交流ができたよ」。

Photo David Ramos

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる