怒り収まらないレオナルドSD… エムバペ獲得示唆したレアルに処罰求める「尊敬に値しない」

 パリ・サンジェルマンのスポーツディディレクターを務めるレオナルド氏は、キリアン・エムバペを巡る問題でレアル・マドリードに処罰を求めた。

PSGのレオナルドSD レアルのエムバペ獲得発言に憤慨「敬意を欠いている」

 エムバペがPSGとの契約が今シーズンいっぱいで満了となる中、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は来年1月に獲得する可能性を示唆。以前にはカリム・ベンゼマが「エムバペの移籍は時間の問題」と語っており、PSG退団が現実味を帯びている。そんな中レオナルドSDはレアルがエムバペの退団を促していると憤りを示し、罰を与えるべきと語った。

「彼らは否定しているが、レアルは長い間エムバペをフリーで買うために仕事をしてきたと思う。2年間、彼らはエムバペに関して公に語ってきた。レアルからはエムバペについて敬意の欠如を感じる。彼は普通の選手ではなく、世界最高の選手の1人だ。監督、役員、レアルの選手がキリアンの話をした…。彼らの契約の一部だと思うが、尊敬に値しない。私たちの考えは、キリアンと契約延長することだ。彼のいない未来を計画したことはない」。

 Photo Marc Atkins

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる