元PSG選手、パリで過ごした苦悩の日々を語る「サッカーが嫌いになった」

 元オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィールは、パリ・サンジェルマンで過ごした苦悩の日々を語った。

怒り収まらないレオナルドSD… エムバペ獲得示唆したレアルに処罰求める「尊敬に値しない」

 33歳ファン・デル・ヴィールは2012年にアヤックスからPSGに加入。2016年まで4年間プレーし、リーグ通算89試合4ゴールを記録した。そんな中ファン・デル・ヴィールは『Kick’t Net』のインタビューで、スター選手揃いのドレッシングルームで過ごした苦しい時期はサッカー観を変えたと胸中を語っている。

「フランスに降り立つと、異なる選手、異なる監督、異なる戦術が待っていた。私はプレイステーションで操作するようなスター選手ばかりのチームに入ったんだ。私は目を見開いて、彼らと握手したよ。でもPSGでは幸せではなかった。定期的にプレーするという安心感がなかったんだ」。

「最後のシーズンには私を悩ませる事件がいくつかあった。例えば、オーリエが動画で監督や選手を批判した事だ。チャンスだと思ったけど、プレーすることすらできなかった。しかも私のポジションには、CBのマルキーニョスが入った。右SBが本職の私がいるのに、そんなに悪かったのか?正直言うと、その時はそこに居たくないと思うようになったし、サッカーが嫌いになったよ」。

 Photo John Berry

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる