レバンドフスキ、今年度バロンドール受賞に自信「実績が物語っている」

 バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキは、今年度のバロンドールに言及した。

レバンドフスキがFIFA最優秀選手賞を初受賞!メッシやC・ロナウド以外では2008年以来2人目に

 33歳レバンドフスキは2019-20シーズン、2020-21シーズンを通じて公式戦87試合で103ゴールを記録。昨年には国際サッカー連盟(FIFA)により、男子最優秀選手に輝いた。今年度バロンドールの有力候補に挙げられるレバンドフスキは、『MARCA Claro Mexico』で受賞の可能性に自信を覗かせた。

「今年だけじゃなく去年もそうだけど、僕はたくさんのタイトルを獲得したくさんのゴールを決めた。チャンピオンズリーグやクラブワールドカップを制した僕にとって、この賞を受賞することはとても意味のある事だよ。ゲルト・ミュラーの持つブンデスリーガ最多記録を更新したのも大きな成果で、誇りや喜びを感じている。僕が何をしてきたか、何をし続けているかは誰の目にも明らかだ。僕のこの2年間がどうだったかは、実績が物語っている」。

 Photo Matthias Hangst

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる