アストロズ快勝 3勝1敗で史上3チーム目の5年連続リーグ優勝決定シリーズ進出が決定!/ALDS第4戦

【アストロズ10-1ホワイトソックス】@ギャランティードレイト・フィールド

 アストロズは本拠地ヒューストンでの2試合に連勝したあと、敵地シカゴでの第3戦を落としたが、悪天候によって1日延期された第4戦は投打が噛み合って10対1で快勝。3勝1敗で史上3チーム目となる5年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出(出場)を決めた。このカードは77歳のトニー・ラルーサ(ホワイトソックス/現役最多2821勝)と72歳のダスティ・ベイカー(アストロズ/同2位1987勝)の「老将対決」としても注目されたが、ベイカーに軍配が上がった。

 2回裏にギャビン・シーツのソロ本塁打で先制されたアストロズは、3回表二死満塁からカルロス・コレアの2点タイムリー二塁打で逆転に成功。コレアはこの一打でポストシーズン通算54打点となり、アルバート・プーホルス(ドジャース)と並んで現役最多タイ/歴代6位タイに浮上した。4回表にマーティン・マルドナードとアレックス・ブレグマンのタイムリーで3点、6回表と8回表にマイケル・ブラントリーのタイムリーで1点ずつを追加し、9回表にはホゼ・アルトゥーベがダメ押しの3ラン本塁打。先発のランス・マカラーズJr.を筆頭に投手陣も好投し、10対1でホワイトソックスを破った。

 メジャーリーグでは1969年から東西2地区制の導入によりリーグ優勝決定シリーズ、1994年からは3地区制の導入により地区シリーズがスタートした(1994年はストライキのためポストシーズン開催なし)が、5年連続でリーグ優勝決定シリーズに進出(出場)したのは1971~75年のアスレチックス(5年連続)、1991~99年のブレーブス(1994年を除いて8年連続)に続いて史上3チーム目の快挙。アストロズは2年ぶりのワールドシリーズ進出をかけ、日本時間10月16日からスタートするリーグ優勝決定シリーズでレッドソックスと対戦する。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版し、同年からライター業をスタート。現在はウェブや雑誌でMLBの記事を執筆する傍らSPOZONEのMLB中継で解説も務める。

目次
閉じる