各方面から批判を浴びるW杯2年毎開催案… FIFA会長が可能性に言及「魔法の大会だからこそ…」

 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、2年に1度のワールドカップ開催は大会の質に影響を与えないと主張した。

W杯2年ごと開催なら欧州勢はボイコット⁉︎ UEFA会長が示唆「正気とは思えない」 » SPOZONE

 インファンティーノ会長はアーセン・ヴェンゲル氏と共に2年毎のワールドカップ開催を推奨しているが、各連盟やクラブ、選手から多くの批判を浴びている。そんな中インファンティーノ会長は批判の一つに挙げられる開催期間の短縮で大会の価値下がるという意見に反論。将来的にはクラブワールドカップの拡大も検討していると語った。

「2026年からワールドカップは、48チームでの開催が決定している。2年に一度なのか、4年に一度なのかは検討中だ。ワールドカップに限らず、より権威のあるイベントを開催できると確信している。魔法の大会だからこそ、もっと頻繁に開催すべきかも知れない。毎年スーパーボウルがあり、ウィンブルトンがあり、チャンピオンズリーグがあり、皆が興奮してそれを待っている。イベントのプレステージ性は、頻度ではなく質に依存している。カレンダーや他のイベントに影響を与えないようなフォーマットを見つける必要があると思う」。

Photo Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる