バルセロナが入場規制を解除!“エル・クラシコ”を含め100%観客動員が可能に

 カタルーニャ州政府がコロナウイルスの規制を解除したことで、バルセロナは次戦からカンプ・ノウでフルキャパシティでの稼働が可能となった。

ウェンブリー開催のEURO準決勝&決勝で6万人動員へ!UEFA会長「生活を取り戻す希望の光に」

 コロナウイルスのパンデミックにより、2020年3月の封鎖から満員での開催が出来なかったバルサ。そんな中カタルーニャのペレ・アラゴネス州知事は12日に、屋外のスポーツ会場で100%の収容を許可すると言及。これによりバルサは、次節のバレンシア戦から99354人収容のカンプ・ノウでフルキャパシティ稼働、24日に控えるレアル・マドリードとの“エル・クラシコ”でもサポーター超満員が可能に。選手たちは大声援を背にプレーが出来るようになり、バルサはTwitterに掲載した声明文で「皆の努力に感謝し、通常の状態に戻る措置を適用した政府の決定を称賛する」と伝えた。

 Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる