ポチェティーノ監督、エムバペ移籍の可能性を否定せず「彼自身が決めるだろう」

 パリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェティーノ監督は、去就囁かれるキリアン・エムバペに言及した。

怒り収まらないレオナルドSD… エムバペ獲得示唆したレアルに処罰求める「尊敬に値しない」 » SPOZONE

 エムバペは今シーズンいっぱいで満了となる契約を未だ更新しておらず、来年1月には他クラブとの自由交渉が可能に。先日にはレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が獲得を仄めかし、PSGでスポーツディディレクターを務めるレオナルド氏が憤慨する事態に発展した。そんな中スペイン紙『マルカ』のインタビューに応じたポチェティーノ監督は、「エムバペは元気だよ。個性的で社交的な性格の穏やかな少年で、物事を明確に理解しサッカーを愛している」とエムバペに関してコメント。さらに、「キリアンは自分で決断するだろうし、クラブはあらゆる努力をするだろう。彼が幸せになれるような提案ができる野心と能力がある」と移籍の可能性を排除しなかった。

Photo BSR Agency

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる