レアルやアトレティコのリーグ戦が延期に… 9月同様W杯南米予選の影響で

 レアル・マドリードやアトレティコ・マドリードの試合が、FIFAワールドカップ南米予選の影響で延期となった。

セビージャがバルセロナ戦延期を要請 W杯南米予選の日程延長で選手合流が困難に

 今週末にラ・リーガ第9節を控えていたレアルやアトレティコは、W杯南米予選に参加している選手の合流が間に合わないため、スペイン国民スポーツ評議会(CSD)にりより延期を決定。南米サッカー連盟(CONMEBOL)がコロナウイルスの影響で延期となっていたW杯予選の日程を調整したことでこの問題が発生し、9月の代表期間後の第4節も同様の理由で延期となった。しかし、今回の決定はスペインサッカー連盟(RFEF)ではなく政府機関であるCSDによるもので、9月同様再び議論を呼ぶことに。先月はRFEFがCSDに異議を唱えたが無駄に終わり、各組織の迅速なスケジュール管理が求められる。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる