“怪童”ハーランドが2ゴール!ドルトムントが2連勝で暫定首位に浮上!

 17日にブンデスリーガ第8節が開催し、ボルシア・ドルトムントがマインツと対戦。長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは、ホームにヘルタ・ベルリンを迎えた。

ドルトムントCEO、ハーランドの来夏レアル移籍報道を否定「全くのデタラメ」 » SPOZONE

ボルシア・ドルトムント vs マインツ
 リーグ屈指の得点力を発揮するドルトムントは開始早々3分、主将マルコ・ロイスが左足を振り抜き電光石火の先制点を奪取する。さらに54分にアーリング・ハーランドがPK弾を沈めると、後半アディショナルタイムには再びハーランドがネットを揺らしてドッペルパック(1試合2得点)を達成。ドルトムントが3-1で勝利を収め、暫定首位に浮上した。

アイントラハト・フランクフルト vs ヘルタ・ベルリン
 長谷部が3バックの一角を務めたフランクフルトは、開始7分にいきなりヘルタに先制点を喫してしまう。後半開始から鎌田を投入して攻撃に良いリズムが生まれたものの、63分に追加点を献上。78分にゴンサロ・パシエンシアがPK弾で1点を返すが、あと一歩及ばず1-2で敗戦。開幕8戦でわずか1勝と、フランクフルトは苦しい戦いが続く。

Photo Dean Mouhtaropoulos

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる