【なでしこリーグ】伊賀FCの西川明花が得点女王に輝く!大和Sは劇的ドローで入れ替え戦へ

 プレナスなでしこリーグ1部第22節が17日に行われ、コノミヤ・スペランツァ大阪高槻と伊賀FCくノ一三重が激突。大和シルフィードがスフィーダ世田谷FCと、アンジュヴィオレ広島が愛媛FCレディースと相対した。

【なでしこリーグ】ドローの大和Sが最終節残し最下位確定…アンジュや伊賀FCがそれぞれ勝利

コノミヤ・スペランツァ大阪高槻 vs 伊賀FCくノ一三重
 今シーズン圧倒的な攻撃力で初代女王の座を手にした伊賀FCは、西川明花が得点女王を確実なものにする先制点をゲット。35分には秦美結が豪快ミドルを決めてリードを広げる。その後、コノミヤの反撃を1点に抑えた伊賀FCが2-1で勝利。17勝2分3敗の勝ち点53という抜群の成績を残し、今シーズンを締め括った。

大和シルフィード vs スフィーダ世田谷FC
 スコアレスで折り返した大和Sは、65分に今シーズン2位の世田谷FCに先制点を喫してしまう。このまま敗北かに見えた後半アディショナルタイム、GKも攻撃参加したラストワンプレーのCKで濱本まりんが同点弾をゲット。劇的ドローに持ち込み、大和Sは良い勢いのまま1部入れ替え戦に臨む。

アンジュヴィオレ広島 vs 愛媛FCレディース
 2部リーグ優勝のJFAアカデミー福島が1部加盟基準を満たしていないため、最終節を前に残留が決定したアンジュ。今試合では、スコアレスで迎えた後半アディショナルに痛恨の決勝弾を献上。0-1で敗北し、今季ホームで1勝しかできなかった悔しさをバネに来シーズンの躍進を誓う。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる