ニューカッスルの監督交代は既定路線か 新指揮官候補にマルティネスやジェラードが浮上

 新体制ニューカッスル・ユナイテッドの初陣は、ホームで手痛いと逆転負けとなった。スティーブ・ブルース監督は続投となってものの、経験のある複数監督が候補に挙がっている。

ニューカッスル新指揮官は誰に? 監督業復帰を望むランパードがポールポジションか

 イギリス紙『The Times』によると、ニューカッスルはすでにロベルト・マルティネス、ウナイ・エメリ、スティーブン・ジェラードをリスアップし、各監督に意思表示を図っている。ジェラードはすでに公の前で監督就任の噂を問われており、「ニューカッスルで起きている事は興味深い。もし誰かが休息をとるべきだとしたら、それはジョーディーのファンだ」と回答。またマルティネスが来夏にベルギー代表との契約が切れる事、またエバートンなどプレミアリーグのクラブを率いた経験が特筆すべき点だと同紙は報じている。現時点では憶測にすぎないが、今季リーグ未勝利で最下位から2番目に位置している低迷ぶりは無視できない。

Photo Ian MacNicol

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる