セビージャがスコアレスで3戦連続ドロー… ザルツブルクは2連勝で首位独走

 20日にUEFAチャンピオンズリーグのグループG第3節が実施され、セビージャがリールと対戦。レッドブル・ザルツブルクがヴォルフスブルクと相対した。

ラキティッチ2戦連続PK弾でセビージャがドロー ザルツブルクは2発快勝でGS首位浮上

リール vs セビージャ
 群雄割拠のグループGで2戦連続ドローとグループステージの難しさを体現しているセビージャは、ヘスス・ナバスの積極的な攻撃参加で右サイドからチャンスを創出。しかしフィニッシュの場面で精度を欠いてGKを脅かすまでに至らず、1点が遠い。結局最後までネットを揺らすことなく、セビージャがスコアレスでCL3試合連続引き分けとなった。

レッドブル・ザルツブルク vs ヴォルフスブルク
 グループGで唯一勝ち星を手にしているザルツブルクは、開始3分にカリム・アデイェミが疾風迅雷の先制弾を挙げる。15分にヴォルフスブルクに追い付かれるものの、65分にCKの流れからノア・オカフォーが右足で押し込んで勝ち越しゴールをゲット。77分に再びCKからオカフォーが右足で沈め、ザルツブルクが4-1で勝利し2勝1分で頭一つ抜き出している。

 Photo John Berry

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる