ドジャースの第5戦先発は救援右腕ケリー 故障したJ・ターナーはロースターから登録抹消で今季終了

 ドジャースは日本時間10月22日に行われるブレーブスとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦に救援右腕ジョー・ケリーが先発することを発表した。長いイニングを投げられる投手は全員登板不可とみられるため、救援投手のみの継投による純粋なブルペンゲームになることが予想されている。また、前日の第4戦で左ハムストリングを負傷したジャスティン・ターナーはロースターから登録抹消。ポストシーズンのルールによりワールドシリーズにも出場できないため、今季終了となった。

 ポストシーズンのルールでは、シリーズ途中に故障者が発生した場合、メジャーリーグ機構にロースター変更を申請して承認されれば故障者を別の選手に入れ替えることができる。ただし、ロースターから外れた選手は、そのシリーズの残り試合だけでなく、次のラウンドの試合にも出場できない。よって、ドジャースが昨季同様に1勝3敗から逆転したとしても、ターナーは次のラウンドであるワールドシリーズには出場できない。

 ターナーは「グレード2の左ハムストリング痛」と診断されており、デーブ・ロバーツ監督は前日の時点で「今季終了の可能性が高い」ことを明らかにしていた。なお、ターナーの代わりに控え内野手としてアンディ・バーンズがロースター入りを果たしている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版し、同年からライター業をスタート。現在はウェブや雑誌でMLBの記事を執筆する傍らSPOZONEのMLB中継で解説も務める。

目次
閉じる