【PLプレビュー】3位マンCが4位ブライトンと上位対決!トッテナムはロンドン勢との連敗脱出なるか

 ライバルを追いかける3位マンチェスター・シティが、快進撃続ける4位ブライトンと激突。トッテナム・ホットスパーは連勝重ね、優勝争いに食い込めるか。

プレミアで旋風巻き起こすブライトン!好調支えるポゼッションと効率性

ブライトン vs マンチェスター・シティ
・前回対戦では2点差をひっくり返されたマンCだが、リーグ戦でブライトンに連敗したことがなく過去22回の対戦で4回しか負けていない(14勝4分)。
・5月のブライトン戦で敗れて以来マンCはプレミア9試合でわずか3失点、クリーンシートを7回達成している。また過去7回の失点は、全て後半に喫したものだ。
・ラヒーム・スターリングは、ブライトン戦に4試合出場して4ゴールを挙げていて、2020年7月の一戦ではハットトリックを成し遂げている。しかし今シーズンのスターリングは、13本シュートを放ち一度もネットを揺らしていない。
・ケビン・デ・ブルイネは2020年9月以来のリーグ連続ゴールを達成。3戦連続となれば唯一成し遂げた2015年9月から10月ぶりとなる。

ウェストハム・ユナイテッド vs トッテナム・ホットスパー
・トッテナムは敵地ロンドン・スタジアムで過去4戦3勝を収めているが、前回対戦は1-2で敗北。またロンドン勢との対決は4連敗中で、過去17回の敗北数と同等の数字だ(7勝6分)。
・トッテナムはプレミア直近14試合で引き分けがなく(9勝5分)、2018年4月から2019年2月に続いた32回に次いで長い記録となっている。
・ハリー・ケインはレスター・シティ(15点)に次いでゴールを挙げているのがウェストハムで(11点)、アウェイでは3得点を奪っている。
・ソン・フンミンが今シーズン記録した4ゴール1アシストは勝ち点8獲得に直結しており、他のどの選手よりも多くのポイントに貢献している。

Photo Mike Hewitt

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる