【PLプレビュー】不安定な戦いが続くマンU…宿敵リバプールに勝てば勢い付くが…

 不安定な戦いが続くマンチェスター・ユナイテッドにとって、嫌なタイミングで宿敵リバプールと激突。未だの無敗のライバルを倒せば一気に上昇気流に乗るのとは反面、もし敗北すれば監督の去就に大きな影響を及ぼすだろう。

スコールズが古巣マンUの不安定な出来に不満…リバプール戦前に弱気発言「百万年経っても勝てない」

欠場者情報
マンチェスター・ユナイテッド
・直近のUEFAチャンピオンズリーグのアタランタ戦で、ブルーノ・フェルナンデス、フレッジ、マーカス・ラッシュフォードが負傷。軽傷ではあるものの、リバプール戦出場は微妙だ。
・アントニー・マルシアルがフィットネスを回復させベンチ入りの見込み。しかし鼠蹊部を痛めているラファエル・ヴァランヌは引き続き欠場だ。

リバプール
・ふくらはぎを痛めているチアゴ・アルカンタラは、11月の代表期間明けに復帰する見込みだ。

マッチプレビュー
マンチェスター・ユナイテッド
・リバプールとのリーグ戦ここ10試合でマンUは1勝しかできておらず(6分3敗)、昨シーズンの同カードでは2-4で敗れている。
・マンUは昨シーズンのリバプール戦で、ホーム5回目となる4失点を喫する。クラブ史上で2戦連続で4失点敗北を喫したのは、1961-62シーズン(1-4)と1962-63シーズンのバーンリーだけだ。
・マーカス・ラッシュフォードはリバプール戦8試合で4ゴールを挙げており、より多く決めているのはウェイン・ルーニーのみだ(6得点)。
・ブルーノ・フェルナンデスが生み出したチャンスのうち9回はメイソン・グリーンウッドがゴールを獲得。今シーズン最もチームメイトにお膳立てしている。

リバプール
・2018年3月にアウェイでマンUに敗れて以来、リバプールは「ユナイテッド」と名の付いたチームに25戦無敗(18勝7分)。今節も敗北を免れれば、1998年10月から2000年11月にかけてブレントフォードが記録した、サッカー界史上最長の26戦無敗に並ぶ。
・リバプールはリーグ18戦無敗を維持していて、イングランドトップ4部リーグで最も長い(13勝5分)。さらにリーグ戦アウェイではここ5回で3ゴール以上を決めており、これより長いのは最長記録を持つマンUだけだ(6戦)。
・モハメド・サラーはマンUとのアウェイ2試合で3得点をマーク。リバプールの選手がマンUとのアウェイで3戦連続弾を挙げたことは一度もない。
・ロベルト・フィルミーノが挙げたリーグここ10得点は、全て敵地で挙げたもの。プレミアでより多くの記録を残したのは、オーレ・グンナー・スールシャール(2002年、11点)など3人だけだ。

Photo Getty Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる