サラーが生涯リバプール宣言!契約延長はクラブ次第か「何を望んでいるかによる」

 リバプールのモハメド・サラーは残りのキャリアをクラブで過ごしたいと宣言している。

リバプール、サラーとの契約延長に試練 クラブ史上最高額の年棒を要求

 29歳サラーはリバプールとの契約が残り2年となり、去就に注目が集まっている。直近11試合で12ゴールを叩き出す高次元のパフォーマンスを続ける中、イギリス『スカイスポーツ』で「ここでサッカー人生の最後の日までいたいと思っている」と自身の将来に言及。「だけど、僕の手には負えない事だからね。クラブが何を望んでいるかにかかっているんだ。今のところ、リバプールと対戦するなんて考えられないよ。今後どうなるか見てみよう」と生涯リバプール宣言をした。

 またサラーは、ユルゲン・クロップ監督が「世界最高の選手」と絶賛した評価に喜びを表し、「常に世界最高を目指しているよ」と心境を語った。「素晴らしい事のように聞こえるけど、それは常に意見だと思うんだ。僕が世界最高の選手だとは言えない。そう思う人もいれば、そうでないと思う人もいる。それは常に野心だからね。その目標が常に僕を駆り立て、最高の自分になろうとする原動力となる。僕の頭の中では、自分が最高の選手だと思ってる。賛同してもされなくても、問題はないよ」。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる