“MMN”が揃って先発も… ハキミ退場のPSGがマルセイユとスコアレス

 リーグ・アン第11節が24日に開催し、パリ・サンジェルマンがマルセイユとの一戦に臨んだ。

去就囁かれるエムバペが1G1Aの活躍!メッシ&ネイマール不在のPSGが逆転勝利!

 連勝こそストップしたものの、前節は脅威の追い上げで逆転勝ちを収めたPSG。再び連勝街道を目指す今試合では、リオネル・メッシ、キリアン・エムパペ、ネイマールの“MMN”トリオが揃ってスタメンに名を連ねた。スタンドでは発煙筒がたかれる異様な雰囲気に包まれた一戦は、互いにネットを揺らす場面こそあったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果ノーゴールの判定で試合を折り返す。

 CK時にはモノが投げ込まれプレー再開に支障をきたし、フラストレーションが溜まるPSGは望まぬ方向に結果が出てしまう。57分にカウンターのピンチを招き、アシュラフ・ハキミが後ろから倒してしまいレッドカードで一発退場となる。その後はPSGが防戦一方の展開となり、辛くもマルセイユにゴールを与えずタイムアップ。数的不利のPSGがスコアレスドローに終わった。

Photo Arnold Jerocki

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる