ボカ、ラ・ボンボネーラでの1stレグでスコアレス…準決勝でアルゼンチン勢全滅の可能性も

 コパ・リベルタドーレス準決勝1stレグが行われ、ボカ・ジュニアーズが本拠地ラ・ボンボネーラにサントスを迎えた。

 準々決勝では苦しみながらも次ラウンド突破の切符を手にしたボカ。2007年以来のタイトル制覇を目指しサントスを攻め立てる。開始早々にセバスティアン・ビジャのシュートがクロスバーに直撃すると、その後も迫力のある攻撃を展開。守ってはサントスの攻撃陣にペナルティエリア進入を許さず、ボール支配率でも圧倒し試合を折り返す。

 後半に入っても攻め続けるボカは、主将カルロス・テベスを中心に攻撃を組み立て、サントスのゴールを脅かす。しかしエドゥアルド・サルビオのシュートがGKの正面に飛ぶなど、フィニッシュの場面で精度を欠いて得点を奪えない。終盤にはあわやPK献上の危ないシーンも散見し、最後まで得点版の数字が変わることなくタイムアップ。スコアレスドローに終わり、運命は2ndレグに委ねられた。

photo – Marcelo Endelli

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる