ハーランドは今シーズン絶望か… 元ノルウェー代表FWが示唆「思ってたよりも深刻」

 ボルシア・ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドは、今シーズン残りを棒に振るかも知れない。

ドルトムントCEO、ハーランドの来夏レアル移籍報道を否定「全くのデタラメ」

 筋肉系のケガを負っているハーランドは、ブンデスリーガやUEFAチャンピオンズリーグ、DFBポカールなど数試合を欠場。復帰時期は明かされておらず、ドルトムントのマルコ・ローゼ監督は、「私は医者ではないから説明は控えたい」と明言を避けている。そんな中ジャーナリストとして活動している元ノルウェー代表FWヤン・オーゲ・フィヨルトフト氏は、ハーランドのケガは当初考えられていたよりも深刻かも知れないと語った。「アヤックス戦が今シーズン最後になるかも知れない。股関節を痛めており、当初12月の復帰と言われていたが、それは少し楽観的のようだ」。

Photo Dean Mouhtaropoulos

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる