バルセロナがクーマン監督解任 ラージョ戦完封負けが決定打に

 バルセロナは27日、ラージョ・バジェカーノ戦後にロナルド・クーマン監督解任をアナウンスした。

バルセロナが昇格組ラージョに完封負け… レアルはスコアレスでリーグ連勝ならず

 2020年8月にキケ・セティエンの後任としてカンプ・ノウに到着したクーマン監督。就任1年目はラ・リーガ3位にコパ・デル・レイ制覇を成し遂げたが、今シーズンはチームの絶対的な存在だったリオネル・メッシがクラブ財政難で退団となると、開幕から不振に陥る。UEFAチャンピオンズリーグではクラブ史上最悪のスタート切り、10月初めにはアトレティコ・マドリードに2発完敗。レアル・マドリードとの“エル・クラシコ”でも1-2で黒星を喫し、試合後にはスタジアムの外でクーマンが乗る車が襲撃されるなど解任のプレッシャーが高まっていた。公式戦ここ6戦で4敗と立て直すことが出来ず、28日の朝にチームに別れを告げる。

Photo Denis Doyle

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる