リバプールが熱視線注ぐベリンガム ドルトムントは放出を否定「すぐに去る事はない」

 ボルシア・ドルトムントは、ジュード・ベリンガム放出には多額の移籍金が発生すると語った。

マレン決勝弾でドルトムントが2発白星!アヤックスは2ゴール完封でCL2連勝

 2020年7月にバーミンガムから移籍金2100万ポンド(約28億円)でドルトムントに到着した18歳ベリンガムは、新天地で頭角を表し昨シーズン公式戦46試合に出場して4ゴール4アシストを記録。確実に評価を高めると、イングランドのA代表に招集されEURO2020で3試合でプレーした。リバプールなどヨーロッパの強豪から熱視線が注がれる中、来夏からドルトムントのスポーツディレクターを務めるセバスティアン・ケール氏は、ベリンガムはすぐに売らないと宣言している。

「リバプールに限らず、ベリンガムには多くの関心が寄せられている。しかし売却候補でなければ退団条項もない。彼はドルトムントで愛されているし、すぐにクラブを離れるような兆候はない。ジュードも、ドイツに移ったのは正しい判断だったと言っている」。

Photo Lars Baron

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる