ゴールドグラブ賞のファイナリスト発表 カージナルスからモリーナなど最多の6人が選出

 日本時間10月29日、各ポジションで最高の守備を見せた選手を表彰するゴールドグラブ賞のファイナリスト(各ポジション3名)が発表された。チーム別に見ると、カージナルスからヤディアー・モリーナ、ポール・ゴールドシュミット、ノーラン・アレナードなど最多の6人が選出。投手、遊撃手、右翼手を除く6つのポジションでカージナルスからファイナリストが誕生した。なお、最終的な受賞者は日本時間11月8日午前10時30分から「ESPN」で発表される予定となっている。

 ゴールドグラブ賞のファイナリストは以下の通り。

アメリカン・リーグ

◆投手
ホゼ・ベリオス(ツインズ/ブルージェイズ)
ザック・グレインキー(アストロズ)
ダラス・カイケル(ホワイトソックス)

◆捕手
マーティン・マルドナード(アストロズ)
ショーン・マーフィー(アスレチックス)
サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)

◆一塁手
ユリ・グリエル(アストロズ)
マット・オルソン(アスレチックス)
ジャレッド・ウォルシュ(エンゼルス)

◆二塁手
デービッド・フレッチャー(エンゼルス)
ウィット・メリフィールド(ロイヤルズ)
マーカス・セミエン(ブルージェイズ)

◆三塁手
マット・チャップマン(アスレチックス)
ホゼ・ラミレス(インディアンス)
ジョーイ・ウェンドル(レイズ)

◆遊撃手
カルロス・コレア(アストロズ)
J・P・クロフォード(マリナーズ)
アンドレルトン・シモンズ(ツインズ)

◆左翼手
ランディ・アロザレーナ(レイズ)
アンドリュー・ベニンテンディ(ロイヤルズ)
ルルデス・グリエルJr.(ブルージェイズ)

◆中堅手
ケビン・キアマイアー(レイズ)
マイルズ・ストロー(アストロズ/インディアンス)
マイケル・A・テイラー(ロイヤルズ)

◆右翼手
ハンター・レンフロー(レッドソックス)
カイル・タッカー(アストロズ)
ジョーイ・ギャロ(レンジャーズ/ヤンキース)

ナショナル・リーグ

◆投手
ザック・デービース(カブス)
マックス・フリード(ブレーブス)
ザック・ウィーラー(フィリーズ)

◆捕手
ヤディアー・モリーナ(カージナルス)
J・T・リアルミュート(フィリーズ)
ジェイコブ・ストーリングス(パイレーツ)

◆一塁手
フレディ・フリーマン(ブレーブス)
ポール・ゴールドシュミット(カージナルス)
マックス・マンシー(ドジャース)

◆二塁手
オジー・オルビーズ(ブレーブス)
トミー・エドマン(カージナルス)
コルテン・ウォン(ブリュワーズ)

◆三塁手
ノーラン・アレナード(カージナルス)
マニー・マチャド(パドレス)
ライアン・マクマーン(ロッキーズ)

◆遊撃手
ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)
フランシスコ・リンドーア(メッツ)
ケビン・ニューマン(パイレーツ)

◆左翼手
タイラー・オニール(カージナルス)
デービッド・ペラルタ(ダイヤモンドバックス)
AJ・ポロック(ドジャース)

◆中堅手
ハリソン・ベイダー(カージナルス)
ブライアン・レイノルズ(パイレーツ)
ジャッキー・ブラッドリーJr.(ブリュワーズ)

◆右翼手
ムーキー・ベッツ(ドジャース)
アダム・デュバル(マーリンズ/ブレーブス)
マイク・ヤストレムスキー(ジャイアンツ)

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる