【PLプレビュー】プレミア2戦連続5発大勝中のリバプール 首位チェルシーはニューカッスルと金満クラブ対決

 宿敵マンチェスター・ユナイテッドを完膚なきまでに粉砕したリバプールは、勢い付くブライトンと対戦。チェルシーは、ニューカッスル・ユナイテッドとの金満クラブ対決に臨む。

南野拓実の今季3点目でリバプールが2発快勝!カラバオカップ王者マンCはPK戦で敗れ4回戦敗退

リバプール vs ブライトン
・ブライトンとのプレミアリーグ最初の6回の対戦で勝利したリバプールは、昨シーズンは2回の戦いでわずか1ポイントしか獲得できず、2月のホームゲームでは0-1で敗れた。
・リバプールは直近のリーグ2試合連続で5-0で勝利しています。1899年のアストン・ビラ、2010年のチェルシー、2017年のマンチェスター・シティに続く、トップリーグ3試合連続5得点以上の勝利を目指す。
・ユルゲン・クロップ監督の下プレミア直近19試合無敗中(W14 D5)のリバプールは、プレミアで20試合以上の無敗記録を過去に2度達成(2018年5月から12月に21試合、2019年1月から2020年2月に44試合)。クロップ監督は、サー・アレックス・ファーガソン(6回)、アーセン・ヴェンゲル(4回)に次いで、3人目の20戦連続無敗記録を持つ監督になる可能性がある。
・モハメド・サラーは、プレミアでブライトンと対戦した8試合で9得点に関与しており(5ゴール4アシスト)、シーガルズ戦で得点やアシストを逃したのは2回だけだ(2019年11月の2-1、昨シーズン2月の0-1)。

ニューカッスル・ユナイテッド vs チェルシー
・トーマス・トゥヘル政権で、2度目のプレミア4連勝を目指すチェルシー。2月達成した時の相手は、今節と同じニューカッスルだった。
・チェルシーは今シーズン、OGを除き14人の選手がゴールを記録。これは今季プレミアで最も多い数字だ。
・ニューカッスルはチェルシーとの過去6回の対戦で5回負けており、勝利したのは2020年1月の試合だけだ。
・カラム・ウィルソンはリーグ直近6試合で6ゴールを挙げていて、以前に記録していた21試合での得点数と同じ成績に。現在3戦連続ゴール中で、今節ネットを揺らせば2019年9月のボーンマス時代ぶりの4戦連続弾となる。

Photo Lewis Storey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる