ポカール敗退のバイエルン、原口先発のウニオン・ベルリンにうっ憤晴らす5発大勝

 30日にブンデスリーガ第10節が行われ、バイエルン・ミュンヘンが原口元気が所属するウニオン・ベルリンの敵地に乗り込んだ。

バイエルンが衝撃の5失点大敗… 2シーズン連続ポカール2回戦敗退

 ミッドウィークのDFBポカールで5失点を食らい、屈辱的な敗退を喫したバイエルン。今試合では、うっ憤を晴らすように原口先発のウニオン・ベルリンを攻め立てる。15分にロベルト・レバンドフスキがPK弾で先制に成功すると、8分後に再びレバンドフスキがネットを揺らしてドッペルパック(1試合2得点)を達成。さらに34分にはレロイ・ザネが左足で押し込み、前半だけで3ゴールを叩き出す。

 前半終了間際に1点を返されたバイエルンは、後半に入っても攻撃の勢いは衰えない。60分にキングスレー・コマンがドリブルでペナルティエリア内に進入すると、豪快に右足を振り抜いて追加点をゲット。79分には長い距離を持ち運んだダヨ・ウパメカノがラストパスを送り、トーマス・ミュラーが右足で流し込んで勝負あり。バイエルンがゴールラッシュを披露し、5発大勝を飾った。

Photo Boris Streubel

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる