イブラヒモビッチ、去就囁かれるエムバペに金言授ける「血の味を知り、苦難を克服しろ」

 ACミランのズラタン・イブラヒモビッチは、去就囁かれるパリ・サンジェルマンのキリアン・エムバペに金言を授けた。

PSGがエムバペ退団に備えてプランB立案 急成長遂げる19歳アデイェミを後釜候補に

 22歳エムバペはリーグ・アンで3度の得点王に輝くなどフランスで輝きを放つ中、今シーズンいっぱいで満了となるPSGとの契約は未だ更新されず。新契約を拒否すれば今冬に他クラブとの自由交渉が可能となり、レアル・マドリード移籍の噂が絶えず飛び交っている。2015-16シーズンにPSGで得点王を経験したイブラヒモビッチは、フランスメディア『Telefoot』でアドバイスを送った。

「俺はエムバペが大好きだが、彼の能力はまだ十分ではない。自身のゾーンにいてあまりにも快適だ。彼には血の味が必要だ。自分に最高だと言ってくる人ではなく、十分ではないが進歩できると言ってくれる人に囲まれていなければならない。エムバペは俺の好きな選手の中でもトップの部類に入る。若手だとハーランドもそうだ。他には?イブラヒモビッチがいる。他は必要ない」。

Photo ATPImages

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる