クアドラードが決勝AT弾!ユベントスが劇的展開でリーグ4試合ぶり勝利!

 6日にセリエA第12節が行われ、ユベントスがフィオレンティーナとの一戦に臨んだ。

出鼻を挫かれたユベントス… 2発黒星で上位進出遠のくリーグ2連敗

 格下相手に連敗し、首位ナポリに16ポイント差の9位と上位進出に苦戦するユーベ。本拠地アリアンツ・スタジアムの声援を背に勝利を狙いたかったが、フィオレンティーナを圧倒できない。セットプレーでシュートまで持ち込まれる場面が散見し、前半終了間際にはペナルティエリア内でダニーロの手に当たりあわやPK献上も。辛うじて前半終了のホイッスルが優先され、スコアレスで折り返す。

 後半に入るとユーベは、アルバロ・モラタとパウロ・ディバラの2トップにボールが集まるシーンが増えチャンスを創出。さらに73分にフィオレンティーナのニコラ・ミレンコビッチが2枚目のイエローカードを受け、ユーベが数的優位を得る。すると後半アディショナルタイム、ペナエルティエリア内でドリブルを仕掛けたファン・クアドラードが右足を一閃。劇的決勝弾で、ユーベがリーグ4試合ぶりの勝利を手にした。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる