南野出場のリバプール、痛恨の3失点献上で今季リーグ初黒星…

 7日にプレミアリーグ第11節が実施され、リバプールがウェストハム・ユナイテッドと対決した。

【PLプレビュー】リバプール、アウェイ連続得点中のサラーに期待!コンテ監督のプレミア復帰戦はエバートンと

 攻守に渡り質の高いプレーを見せ、リーグ開幕10戦で唯一無敗を維持するリバプール。ところが、今試合ではウェストハムに苦戦を強いられる。開始早々4分に、CKからのボールをGKアリソン・ベッカーがパンチングした際、相手選手でブラインドとなりOGを献上してしまう。追いかける立場となったリバプールは41分、ペナルティエリア手前でFKを獲得すると、モハメド・サラーの落としからトレント・アレクサンダー=アーノルドがゴール右隅に沈める。

 同点で試合を折り返したリバプールだったが、後半に入りウェストハムの猛攻に遭う。67分にカウンターからパブロ・フォルナルスに勝ち越し弾を喫すると、7分後にはクルト・ズマにヘディングシュートを決められる。南野拓実が途中出場し、83分にはディボック・オリギが1点を返すものの、逆転には至らず最終スコア2-3でリバプールが今季リーグ初黒星となった。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる