伝統の“ミラノ・ダービー”は痛み分けのドロー!ミランがOG弾で追い付きリーグ無敗キープ

 セリエA第12節が7日に行われ、ACミランとインテルの“ミラノ・ダービー”が実現した。

ビダルがフェラーリから心機一転⁉︎ トレーニング場に年代物フィアットで登場

 大都市ミラノを二分する、赤と青の“ミラノ・ダービー”が勃発。激戦が予想される中、アウェイ側に立ったインテルが仕掛ける。開始早々にハカン・チャルハノールがペナルティエリア内で倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果PKの判定に。チャルハノール自らがキッカーを担当し、11分に古巣から先制点をもぎ取る。

 渦中の男の一撃で幕開けとなったダービーは、ビハインドを背負ったミランが反撃に出る。17分に右サイドでFKを獲得し、サンドロ・トナーリがクロスを供給。ゴール前の混戦からステファン・デフライのOGを誘発する。一進一退の攻防となった激闘は、27分頃にマッテオ・ダルミアンがペナルティエリア内で倒され、インテルが再びPKを獲得。今度はラウタロ・マルティネスがキッカーを務めたが、ゴール左に放ったシュートはGKチプリアン・タタルシャヌに防がれてしまう。

 前半に1枚出ただけで、イエローカードがほとんど飛び交わない質の高いプレーを披露する両チーム。後半にはスコアが凍りつき、終了間際にミランのアレクシス・サーレマーケルスのシュートがポスト直撃、こぼれ球にフランク・ケシエが反応するも得点には至らず。タイムアップの笛がジュゼッペ・メアッツァに響き渡り、今季一発目のダービーは1-1で痛み分けのドローに終わった。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる