メジャーリーグ公式サイトが「再契約の可能性があるFA選手」を特集 パイレーツは筒香嘉智が選出

 日本時間11月8日、メジャーリーグ公式サイトのマーク・フェインサンド記者は「再契約の可能性があるFA選手」を各球団から1名ずつ選出する特集記事を公開。エドゥアルド・ロドリゲス(レッドソックス)、ロビー・レイ(ブルージェイズ)、カルロス・ロドン(ホワイトソックス)、フレディ・フリーマン(ブレーブス)、マイケル・コンフォート(メッツ)、マックス・シャーザー(ドジャース)、ケビン・ゴーズマン(ジャイアンツ)ら有力選手の名前が挙がるなか、パイレーツからは筒香嘉智が選ばれた。

 フェインサンド記者は筒香について次のように記している。「レイズからドジャースにトレードされたあと、8月中旬にパイレーツと契約した筒香は、シーズン最後の6週間以上にわたってピッツバーグで活躍した。パイレーツで43試合に出場して8本のホームランを放ち、25打点、OPS.883を記録。パイレーツが筒香を呼び戻しても決して驚きではない。2022年シーズンからユニバーサルDH(両リーグでのDH制)が導入されるのであれば、なおさらだ」。

 フェインサンドは「FAのチェイセン・シュリーブ、シェルビー・ミラー、トレバー・ケーヒルの3投手が戻ってくる可能性は低い」と指摘。パイレーツからFAになった選手のなかで最も再契約の可能性が高い選手として筒香を選んだ。

 フェインサンドが選出した各球団1名、合計30名の顔ぶれは以下の通り。

フェルナンド・アバッド(オリオールズ)
エドゥアルド・ロドリゲス(レッドソックス)
ジョエリー・ロドリゲス(ヤンキース)
デービッド・ロバートソン(レイズ)
ロビー・レイ(ブルージェイズ)

カルロス・ロドン(ホワイトソックス)
ブライアン・ショウ(インディアンス/ガーディアンズ)
ウィリー・ペラルタ(タイガース)
ジェシー・ハーン(ロイヤルズ)
マイケル・ピネイダ(ツインズ)

マーティン・マルドナード(アストロズ)※1
アレックス・カッブ(エンゼルス)
ジョシュ・ハリソン(アスレチックス)
タイラー・アンダーソン(マリナーズ)
ブロック・ホルト(レンジャーズ)

フレディ・フリーマン(ブレーブス)
サンディ・レオン(マーリンズ)
マイケル・コンフォート(メッツ)
アーチー・ブラッドリー(フィリーズ)
ライアン・ジマーマン(ナショナルズ)

マット・ダフィー(カブス)
マイケル・ロレンゼン(レッズ)
アビサイル・ガルシア(ブリュワーズ)
筒香嘉智(パイレーツ)
J・A・ハップ(カージナルス)

メリル・ケリー(ダイヤモンドバックス)※2
ジョン・グレイ(ロッキーズ)
マックス・シャーザー(ドジャース)
トミー・ファム(パドレス)
ケビン・ゴーズマン(ジャイアンツ)

※1 マルドナードは今年4月の時点で契約延長が決定している

※2 ケリーはすでにオプション行使で残留が決定している

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる