シェフチェンコがジェノア新監督に就任!初陣はモウリーニョ率いるローマと

 アンドリー・シェフチェンコは2024年までの契約でジェノアの新監督に就任した。

イギリスで監督業を望むシェフチェンコ 再起図るセルティックが食指動かす

 5日に行われたエンポリ戦で2-2の引き分けに終わり1勝6分5敗の17位に沈むジェノアは、翌日にダビデ・バッラルディーニ監督解任を発表。その後シェフチェンコと2024年までの契約を締結した。45歳シェフチェンコは2016年7月にウクライナ代表でアシスタントコーチから監督に就任すると、EURO2020で母国を史上初のベスト8に導く。EURO終了後の8月にウクライナ代表監督を退任し、フリーエージェントとなっていた。シェフチェンコはTwitterで、「ジェノアに偉大な歴史を取り戻すため、新たな冒険を始める」と投稿。初陣は現役時代にチェルシーで指導を受けた、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるASローマ戦を予定している。

 Photo Justin Setterfield

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる